UserLock

WindowsのActive Directoryと連携、 多要素認証とログイン管理を簡単に実現

UserLockは、個別のユーザーインストールが不要で、多要素認証の追加や接続方式または端末別でのログイン制限など、アクセス管理と保護を実現します。

社内ネットワークのセキュリティ強化に

二段階認証を使ったセキュリティ

UserLockはWindowsアカウントにログインをする際、モバイル端末を使った二段階認証を簡単に導入することができます。PC端末を紛失した場合や、ログインIDとパスワードが流出してしまった場合などでも、ログインする際に指定のモバイル端末に送信されるセキュリティコードの入力が必要となるため、第三者による不正なログインを防止します。

二段階認証を使ったセキュリティ
リモート接続のセキュリティ強化とパフォーマンス最適化

リモート接続のセキュリティ強化とパフォーマンス最適化

VPN接続で社外から社内ネットワークへログインする場合、許可されてない端末やユーザーのアクセスを制限が可能です。また仮想デスクトップを多数のユーザーが利用する環境では、放置されたセッションのログオフ、または上限セッション数を設定することでリソースの最適化などにもお役立ていただけます。

自社運用に沿ったログイン管理とコンプライアンスメリット

勤務・作業状況の管理

UserLockは、すべてのユーザーログインのアクティビティを管理画面上で見える化して、誰が、いつ、どこから接続しているかのモニタリングとレポートを行うことが可能です。1つの利用用途として、社員の勤務実態の把握、規定の労働時間が決まっている契約社員に対してログイン時間の上限を設定するなど、会社の労働規定を遵守する運用を実現します。

勤務・作業状況の管理
認証取得にも有益な同時ログイン制限

認証取得にも有益な同時ログイン制限

プライバシーマーク、ISMS、ISOなどの認証の審査において、アカウントの厳格な管理は必須です。アカウントの隠れ共有は、セキュリティや監査上の完全性を損なうため、問題となります。UserLockは唯一、同一アカウントの多重ログインを禁止できる製品であり、コンプライアンスに沿った運用を行うことが可能です。

製品機能一覧

二段階認証の導入
通常のログインやリモートデスクトップ接続で、二段階認証を簡単に導入にできます。
強制ユーザーログオフ
社内ネットワークやリモート接続上で不審なログインや放置されたログインなどを強制的にログオフできます。
ログイン端末の制限
ログインを端末やIPアドレスなどで制限してグループ全体を一元的に管理します。
ログイン時間の設定
ログイン可能な時間帯や曜日、上限時間の設定など、個別の業務形態、時間に合わせた運用を行うことが可能です。
接続方法によるログイン制限
Wi-Fi、VPN、IISなどのさまざまな接続方式によるログインの制御が行えます。
多重ログインの制限
多重ログインはセキュリティ上の問題の要因となります。同一アカウントの同時ログインを制限します。
ログイン状況の監視
すべてのユーザーのログイン状況をモニタリングして、ログインの挙動に関してアラートを設定することも可能です。
ログイン履歴の監査レポート
パスワードのリトライや正規ルールではないログイン試行などを含むアクセスイベントの監査レポートを提供します。
勤務状況の集計グラフ化
勤務状況の証跡としてログイン時間の履歴をグラフ化して見やすいサマリーを作成します。